川柳と習字を与那国島から

日本史と世界史を題材に最西端の島から!

亀鳴く 477 足利義昭

朝、善福寺川沿いを走ってきました。早咲きの桜が散らないでしっかり咲いているのに驚きました。嫁さんは学校のことで、いっぱい楽しいことがあるようです。 「日本史1200人」477 足利義昭(ヨシアキ;1537〜1597) 室町幕府第15代将軍、12代将軍・善晴の次男。兄…

春の日 476 京極高次

朝、善福寺川沿いを走ってきました。これから自分一人の時間がグッと増えるので、何をするか楽しい試行錯誤です。 「日本史1200人」476 京極高次(タカツグ;1563〜1609) 近江国・戦国大名、守護・京極高吉の子。浅井長政の庇護のもとで成長し、足利義昭に仕えて…

朧(オボロ) 475 浅井長政

昨日は嫁さんの都立工芸高校の入学式でした。与那国島に移住して20年が過ぎ、幸せな再出発を迎えることができました。 入学式を終えて阿佐ヶ谷に帰り、二人の大好きな居酒屋で乾杯をしました。夜遅く寝たので、今日の朝はゆっくり起きて善福寺川沿いを走って…

桜餅 474 朝倉義景

朝、雨が降っていたのでランは休みました。今日は嫁さんの都立工芸高校の入学式です。式は5時半からなので、家を出る頃には雨が止みそうです。 「日本史1200人」474 朝倉義景(ヨシカゲ;1533〜1573) 越前国・戦国大名。1552年に父の死により家督を継いだ。将軍…

虻 473 斎藤龍興

朝、善福寺川沿いを走ってきました。明日、強い雨が降りそうなので、今日で桜は見納めかなと思いながら走りました。 「日本史1200人」473 斎藤龍興(タツオキ;1548〜1573) 美濃国・戦国大名。父・義龍の死により14歳で家督を継いだが、祖父や父と比べると凡庸で…

春の果て 472 斎藤義龍

朝、雨が降っていたので、ランは午後にしようと思っています。昨日は与那国島で出会った友達と楽しく皇居のお花見をしました。 「日本史1200人」472 斎藤義龍(ヨシタツ;1527〜1561) 美濃国・戦国大名。道三の子であるが、土岐頼芸の子ともいわれる。1554年、道…

行く春 471 斎藤道三

朝、善福寺川沿いを走ってきました。今日は島で出会った友達と、皇居の桜見をしようと思っています。楽しみです。 「日本史1200人」471 斎藤道三(ドウサン;1494〜1556) 美濃国・戦国大名。父は京都妙覚寺僧・西村新左衛門尉で、道三は一介の油売商であった。父…

春嵐 470 今川義元

朝、善福寺川沿いを走ってきました。何だか風邪気味なのか走ることが修行のようでした。9時10分頃、嫁さんの友達から電話があり「与那国に津波が来る」とのことで、急いでテレビをつけたら馴染の景色が映り、何事もないようでした。震度4は島では経験がない…

蜃気楼 469 高遠頼継

朝、善福寺川沿いを走ってきました。昨夜は僕も嫁さんも足がつり大変でした。食事と運動で治ればと思っています。 「日本史1200人」469 高遠頼継(ヨリツグ;?〜1552) 戦国武将、甲斐武田氏・家臣、伊那郡高遠城城主。甲斐・武田氏と信濃・諏訪氏は同盟していた…

花吹雪 468 溝口秀勝

朝、雨が降っていたのでランは休みました。朝方、2回ほど足がつったので、腎機能との関係を調べていたのですが、それ程には関係ないようなのでホッとしました。 「日本史1200人」468 溝口秀勝(ヒデカツ;1548〜1610) 戦国から江戸初期の大名、越後国新発田藩の…

花吹雪 468 溝口秀勝

朝、雨が降っていたのでランは休みました。朝方、2回ほど足がつったので、腎機能との関係を調べていたのですが、それ程には関係ないようなのでホッとしました。 「日本史1200人」468 溝口秀勝(ヒデカツ;1548〜1610) 戦国から江戸初期の大名、越後国新発田藩の…

田螺鳴く 467 遊佐慶親

朝、雨が降っていたのでゆっくり起きました。無線のイヤホン今度こそはと、アンカーのイヤホンを買いました。 「日本史1200人」467 遊佐慶親(ヨシチカ;?) 越中国守護の畠山氏の守護代、蓮沼城主。城は遊佐氏(遊佐徳盛?)が築き居城とした。連歌師の宗祇が越後…

春の虹 466 畠山義総

朝、善福寺川沿いを走ってきました。シャワーを浴びてすっきりして、佼成病院に行き大腸がん予後検診を受けてきました。結果はチョッと腎臓の機能が弱いけど異常なしでした。 「日本史1200人」466 畠山義総(ヨシフサ;1491〜1545) 能登の守護大名・戦国大名、能…

厩(ウマヤ)出し 465 小笠原長時

朝、善福寺川沿いを走ってきました。イヤホンを落とし探すのに四苦八苦でした。まさかそんなに飛ぶとは思いませんでした。 「日本史1200人」465 小笠原長時(ナガトキ;1514〜1583) 戦国大名、府中小笠原氏17代、小笠原流弓馬術礼法宗家。1545年から武田信玄と幾…

山笑う 464 諏訪頼忠

朝、今日も雨なのでランは休みました。寒かったけどシャワーを浴びました。 「日本史1200人」464 諏訪頼忠(ヨリタダ;1536〜1605) 戦国から江戸時代初期の武将、信濃諏訪藩の基礎を築いた、諏訪頼重の従弟。1542年に諏訪大社上社の大祝(オオホウリ;依り代)となった。…

挿木 463 諏訪頼重

朝、雨が降っていたのでランは休みました。嫁さんはパソコンの勉強を始めました。カタカナ文字に四苦八苦のようです。 「日本史1200人」463 諏訪頼重(ヨリシゲ;1516〜1542) 信濃国・戦国大名、諏訪氏・第19代当主、武田勝頼の外祖父。23歳で諏訪家の家督を継い…

野遊び 462 長尾政景

朝、善福寺川沿いを走ってきました。気温2℃でしたが、風がなかったので助かりました。 「日本史1200人」462 長尾政景(マサカゲ;1526〜1564) 戦国武将、上田長尾氏・当主、越後国・坂戸城主、上杉景勝の父、妻は上杉謙信の姉・仙洞院。長尾晴景と景虎(謙信)との…

接木 461 長尾晴景

朝、あまりに寒いので1時間以上も遅く起きて、英語とストレッチをしてから善福寺川沿いを走ってきました。走り出したら意外と楽しいのに驚きました。 「日本史1200人」461 長尾晴景(ハルカゲ;1509〜1553) 越後長尾氏8代当主、戦国大名、上杉謙信の兄。守護代・…

春の霧 460 長尾為景

朝、善福寺川沿いを走ってきました。一昨日から楽譜の移調のソフトを探していますが、Android ではチョッと見つかりませんでした。 「日本史1200人」460 長尾為景(タメカゲ;?〜1542) 越後長尾氏7代当主、越後守護代、上杉謙信の父。1507年に守護上杉房能を滅…

剪定 459 村上国清

善福寺川沿いを走ってきました。寒かったのですがタイツと手袋のお陰で快適に走ることができました。嫁さんは女子美のワークショップに出かけて行きました。 「日本史1200人」459 村上国清(クニキヨ;1546〜1603) 戦国武将、上杉氏の家臣。1553年、父・村上義清…

目刺 458 村上義清

土曜日に無事東京に着き、早速嫁さんと近くの飲み屋さんで乾杯しました。日曜日は整理をしたり、買ったばかりのエレフエを吹いたりしました。今日の朝は、善福寺川沿いを走ってきました。 「日本史1200人」458 村上義清(ヨシキヨ;1501〜1573) 北信濃の戦国大名…

春霞 457 小山田信茂

朝、海沿いを走ってきました。シャワーを浴びて体重を測ったら54.0kgと先週より0.4kg増えていました。明日から東京に行くので掃除・洗濯とパッキングをします。嫁さんは毎日張り切っているようです。 「日本史1200人」457 小山田信茂(ノブシゲ;1539〜1582) 戦…

鷽 456 飯富虎昌

朝、海沿いを走ってきました。今週は冷蔵庫を整理するので、野菜をいっぱい食べているのですが、そのせいか快適に走れました。 「日本史1200人」456 飯富虎昌(オブトラマサ;1504〜1565) 戦国武将、甲斐武田氏の重臣。武田信虎の時代から武田家の譜代家老衆として…

斑雪山 455 板垣信方

朝、隣町に行き二人でいつものコースを走り、ご自宅に寄らせて頂いて奥さんからおみやげを頂き、郵便局で転送届を出してきました。東京行きに向けて洗濯や掃除を始めました。 「日本史1200人」455 板垣信方(ノブカタ;1489〜1548) 武田家・家臣。武田晴信(信玄)…

春雷 454 山県昌景

朝、走り出したらお腹が痛くなったので、家に帰りバイクを漕ぎました。今も少し違和感があって、初めての感じです。嫁さんは毎日充実して過ごしているようです。 「日本史1200人」454 山県昌景(マサカゲ;1529〜1575) 武田家・家臣。昌景ははじめ武田信玄の近習…

春雨 453 馬場信春

朝、海沿いを走ってきました。ゾクッとするくらい大きな客船が港に入ろうとしていたのでビックリしました。約40分後に走り戻ってきたら船は洋上に出ていたので、何となくホッとしました。 「日本史1200人」453 馬場信春(ノブハル;1515〜1575) 武田家・家臣。武…

卒業 452 武田信繁

朝、海沿いを走ってきました。シャワーを浴びて体重を測ったら53.6kgと先週より0.4kg減っていました。 「日本史1200人」452 武田信繁(ノブシゲ;1525〜1561) 武田信虎の四男、信玄の同母弟。父・信虎は幼少期から信繁を寵愛して、嫡男・晴信(信玄)を廃し、信繁…

御開帳 451 真田昌幸

朝、外に出たら雨がポツリと来たので、家でバイクを漕ぎました。嫁さんのパソコン購入になかなか手間取りました。 「日本史1200人」451 真田昌幸(マサユキ;1547〜1611) 戦国武将。真田幸綱(幸隆)の三男。11歳のとき人質として武田信玄の近侍となった。1575年、…

御開帳 451 真田昌幸

朝、外に出たら雨がポツリと来たので、家でバイクを漕ぎました。嫁さんのパソコン購入になかなか手間取りました。 「日本史1200人」451 真田昌幸(マサユキ;1547〜1611) 戦国武将。真田幸綱(幸隆)の三男。11歳のとき人質として武田信玄の近侍となった。1575年、…

種蒔 450 真田幸隆

朝、隣町に行き二人でいつものコースを走り、楽しくおしゃべりしてきました。嫁さんは昨夜は友達と本当に楽しかったようで、話がとまりませんでした。 「日本史1200人」450 真田幸隆(ユキタカ;1513〜1574) 真田幸綱が正式、戦国武将、武田家・家臣。出身は信濃…