川柳と習字を与那国島から

日本史と世界史を題材に最西端の島から!

新豆腐 344 義堂周信

 朝、一人で海沿いを走って来ました。ゆっくりゆっくり走りました。島は町議選を忘れ、すっかり静かです。

「日本史1200人」344 義堂周信(1325〜1388)

夢窓疎石の弟子。土佐国(高知県)の生まれ、14歳で剃髪する。はじめ台密を学ぶが後に禅宗に改宗し、上京して夢窓疎石の門弟となる。1359年に鎌倉公方足利基氏に招かれて鎌倉へ下向し1380年まで滞在した。基氏や関東管領の上杉氏などに禅宗を教え、基氏の没後に幼くして鎌倉公方となった足利氏満の教育係も務めた。この間、諸問題・事件の解決に尽力しその公明正大、厳正中立な態度で各方面に感銘を与えた。

「修身の鏡ぞ贅は新豆腐 義堂周信 に 端遊」

新豆腐が8月の季語です。今年収穫した大豆で作った豆腐です。周信はマジメ一方の記録しかないので、名前に掛けたダジャレ句にしました・・・帰京後は3代将軍・足利義満のもと相国寺建立を進言し、建仁寺南禅寺・等持寺の住職を務めました。春屋妙葩や絶海中津と並ぶ、中国文化に通じた五山文学を代表する学問僧とされます。

習字は、「修身の」はスッキリと、「鏡ぞ贅は」は大胆に、「新豆腐」は強く、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20220825110020j:image