川柳と習字を与那国島から

日本史と世界史を題材に最西端の島から!

目張り剥げ 448 上杉景虎

朝、海沿いを走ってきました。走る前から足が攣りそうだったので、ゆっくり走ったらそれも楽しいものでした。

「日本史1200人」448 上杉景虎(カゲトラ;1552〜1579)

北条氏康の7男、幼名・三郎、上杉謙信の養子。1569年、越後上杉氏と北条氏の越相同盟により、三郎は謙信の養子となり、さらに謙信の姪(景勝の姉)と祝言が行われ、「景虎」の名を与えられた。謙信の急逝後は、義兄弟の上杉景勝家督を巡って大きな内紛に発展した。当初は実家の北条家と武田家の後ろ盾もあり優勢であったが、景勝がいち早く春日山城本丸を奪取したため、景虎は妻子らを連れて城下にある「御館」に立て籠もった。やがて、武田家・北条家には撤兵が必要となり、景勝はこの機を逃さず攻勢をかけ御館は落城した。孤立無援となった景虎は、実家の北条氏を頼って小田原城に逃れようとしが、途上において家臣の裏切り・謀反に遭い自害した。

「目張り剥げ御館落ちてむッ謀反? 上杉景虎 に 端遊」

目張り剥ぐが3月の季語です。寒い北風を防ぐ目張りを“剥ぐ"ことですが、句では自動詞の“剥げ”として“後ろ盾が剥げ”ということにしました・・・景虎正室実弟・景勝の降伏勧告を拒絶して自害し、嫡男・道満丸も何者かに殺害されました。

習字は、「目張り剥げ」は情けなく、「御館落ちて」はそれなりに、「むッ?謀反」はどうして?、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240304112852j:image

春泥 447 上杉景勝

朝、雨風が強かったのでバイクを漕ぎました。シャワーを浴びて体重を測ったら54.0kgと先々週より0.8kg減っていました。画面に大きく「おめでとうございます!」と出たので何事かと思ったら目標に設定した体重ジャストでした。今日は嫁さんの合格発表の日なので、縁起が良いと思いメールしました。その後、8時49分に「合格!」と電話がありました!

「日本史1200人」447 上杉景勝(カゲカツ;1555〜1623)

山内上杉家17代目、長尾政景の次男(母は上杉謙信の姉・仙桃院)、謙信の養子、米沢藩・初代藩主。1578年に謙信が病没すると、同じ養子の上杉景虎と激しい家督争いとなったが、これに勝利した。1582年、柴田勝家に侵攻されたが本能寺の変で危機を脱した。その後は豊臣秀吉につき、朝鮮にも渡り帰国後は佐渡の金山・銀山の支配を任され五大老の一人に抜擢された。関ヶ原の戦いでは西軍につき、敗戦後は徳川家康に謝罪して、米沢30万石に減移封された。時代に翻弄されながらも一族を存続させた。極端に無口で、上杉の軍兵は無駄口ひとつつかなかったといわれる。

「春泥を黙々と行け ば米沢 上杉景勝 に 端遊」

春泥が3月の季語です。雪解けによる泥です。グチャグチャと冷たく汚く、戦場のようです・・・秀吉が諸国から大名を集めて宴会を催した際、“いたずら者”として名高い前田慶次が猿面をつけて踊り、各大名の膝に腰掛けて回りましたが、憤然とした景勝の膝には掛けられなかったといいます。

習字は、「春泥を」は強く、「黙々と行け」は我慢して、「ば米沢」はガックリして、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240301103524j:image

迎春花 446 上杉謙信

朝、海沿いを走ってきました。明日が嫁さんの合格発表なので、念入りに合格を祈ってきました。太陽がしっかり顔を出してくれました。

「日本史1200人」446 上杉謙信(1530〜1578)

戦国武将、関東管領、幼名・虎千代、還俗後・景虎、出家後・謙信。父の死後、兄の晴景が守護代を継いだが病弱のため、虎千代が還俗して家督を継いだ。1552年、北条氏康に攻められた関東管領上杉憲政を助け、北条氏との対立が始まった。武田信玄とは川中島で5回戦った。景虎は朝廷と室町幕府に忠実であるという功績により、関東管領職と上杉の姓を受け継いだ。1573年、信玄の訃報を聞くと号泣して「惜しい英雄を亡くした」と嘆いた。1577年、手取川の戦いで織田軍を撃破し、翌年再び織田軍と相見えようとした矢先に脳溢血で急逝した。辞世は「四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」ひとり縁側で梅干しを肴に、手酌で飲むのが好きだったという。

「来世はと一盃の酒迎春花 上杉謙信 に 端遊」

迎春花(ゲイシュンカ)が2月の季語です。黄梅のことです。世が世なら、いろんなことをしたかったろうな・・・武田信玄今川氏真によって塩止めにあった時は、甲斐に塩を送り助けたといわれ「敵に塩を送る」という諺はここから生まれました。また、日頃の食事は質素にしていましたが、出陣前は山海の珍味をずらりと並べて兵にご馳走したといいます。

習字は、「来世はと」はサラリと、「一盃の酒」はスッキリと、「迎春花」は夢のように、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240229104428j:image

いぬふぐり 445 山本勘助

朝、隣町に行き二人でいつものコースを走り、楽しくおしゃべりしてきました。隣町に行ったついでに、確定申告も済ましてきました。それから素敵な友からメールが有り、東京で会うことにしました。

「日本史1200人」445 山本勘助(?〜1561)

戦国武将。1561年、謙信は1万3千の兵を率いて川中島に出陣し、信玄も2万の兵を率いて海津城に入った。勘助は別働隊を夜明けと共に攻めさせ、驚いた上杉勢が山を下りたところを本隊が挟撃する作戦を献策した。啄木鳥が木を叩き、驚いた虫が飛び出てきたところ喰らう「啄木鳥戦法」と名づけられた。しかし、上杉勢は暑さを逃れるため、夜中に山を下りたため、偶然にも両者は川中島で向かい合った。謙信は車懸りの陣で死に者狂いの猛攻をかけ、信玄は鶴翼の陣をしくが押しまくられ、武将が相次いで討ち死にし、その中に勘助がいた。勘助は己の献策の失敗に死を決意して敵中に突入し、奮戦して13騎を倒すが遂に討ち取られた。

「啄木鳥の汚名晴らすぞ!いぬふぐり 山本勘助 に 端遊」

いぬふぐりが2月の季語です。瑠璃色の小さな花です。花言葉は「信頼・忠実」です。学名がイエスに献身的に仕えた聖女ベロニカと同じ綴りであることが由来ですが、ここは信玄に仕えた勘助に掛けました・・・勘助の生涯は全て「甲陽軍鑑」とこれに影響を受けた江戸時代の作者による創作であると考えられています。当て推量なことを「山勘」「ヤマカン」と言いますが、一説には山本勘助の名前が由来とされています(大言海、辞海)。

習字は、「啄木鳥の」は弱く、「汚名晴らすぞ」はそれなりに、「いぬふぐり」はサラリと、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240228122547j:image

雪崩 444 武田勝頼

朝方、太ももがつってちょっと大変でした。で、少し心配でしたが海沿いを走って、嫁さんの合格をお祈りしてきました。

「日本史1200人」444 武田勝頼(1546〜1582)

武田氏第17代当主、戦国大名武田信玄の4男。信玄晩年期の戦のほとんどに従軍した。信玄が西上の途中で病死したため、信玄の死を隠して家督を相続した。領国拡大方針を継承するが、1575年の長篠の戦いにおいて織田・徳川連合軍に敗退し、領国の動揺を招いた。1582年、織田軍の侵攻の始まった2月14日に浅間山が噴火した。浅間山の噴火は異変が起こる前兆だと考えられており、武田軍は大いに動揺し、組織的な抵抗ができなかった。将兵は人間不信を起こし勝頼を見捨て逃げ出した。勝頼一行は武田氏ゆかりの地である天目山棲雲寺を目指したが、滝川一益の追手に捕捉され、嫡男や正室とともに自害した。これにより平安時代から続く甲斐武田氏は滅亡した。

「浅間噴き人の石垣雪崩落つ 武田勝頼 に 端遊」

雪崩(ナダレ)が2月の季語です。“人は石垣”の武田家が噴火に負けたのかなァ・・・長篠の戦いは3万8千人の織田・徳川軍と、1万5千人の武田軍が戦った合戦です。信長側は主力の鉄砲隊を柵・土塁で守る異例の野戦築城で、武田の騎馬隊を迎え撃つ戦術を採りました。

習字は、「浅間噴き」は強く、「人の石垣」は少しガタガタに、「雪崩落つ」はそれなりに、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240227110019j:image

豆撒 443 武田信虎

朝、海沿いを走ってきました。嫁さんは東京で、新しい素敵な人達との楽しい出会いが続いているようです。

「日本史1200人」443 武田信虎(ノブトラ;1494〜1574)

甲斐国・戦国武将、守護・武田信縄の長男。14歳で家督を継いだが、父の弟と家督を争い、さらに国人領主らとも抗争を繰り広げ、1532年頃にほぼ甲斐の統一を果たした。駿河信濃などへの侵攻にも乗り出したが、家臣の中から信虎の暴走を懸念する声が強まり、1541年、嫡男・晴信(信玄)によって駿河に追放された。今川義元の保護を受けていたが、1543年には上洛し、京都から高野山・奈良を遊歴している。また、1558年以降は生活の拠点を京都に移し、幕府に奉公するようになる。1573年に足利義昭は信長に対して挙兵するが、信虎は義昭の命で甲賀郡に派遣されたとされている。翌年、可愛がっていた六男・武田信廉の居城・高遠城に身を寄せ死去した。

「豆撒にまめに暮らせと追い出され 武田信虎 に 端遊」

豆撒が2月の季語です。追放前の信虎は鬼のようでした。「まめに」は“誠実に”や“元気に”の意味です・・・追放の原因は諸説あります。義元は晴信(信玄)に対して、信虎の隠居料を催促していますが、今川家中では義元の「御舅殿」として遇されて、今川一門よりも上位に置かれていました。

習字は、「豆撒きに」は幼く、「まめに暮らせと」は優しく、「追い出され」はそれなりに、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240226104005j:image

野火 442 武田信玄

朝、海沿いを走ってきました。昨日からマインクラフトとGeminiの勉強を初めました。何だか忙しくなりました。嫁さんは友人たちと大盛り上がりの夜を過ごしたようです。

「日本史1200人」442 武田信玄(シンゲン;1521〜1573)

甲斐国・戦国武将、元服後・晴信、出家後・信玄。21歳の時に父・信虎を追放して家督を継ぎ、近隣諸国を平定後に越後の長尾景虎(上杉謙信)と川中島で激突した。川中島の戦いは1553年〜1564年に計5回にわたった。さらに今川氏を破り、北条氏と和睦するなどして、1572年に京都へ西上を開始した。織田・徳川連合軍を三方ヶ原で撃破し、織田信長包囲網を固めたが、直後に喀血し1573年に志半ばで没した。信玄は分国法を定め、交通の整備・治水事業・新田開発を行い、商業や経済も重視した。また、身分に関係なく、能力ある者を重用し、常に「人は石垣、人は城」といっていたという。

「野火無辺風林火山あと一歩 武田信玄 に 端遊」

野火(ノビ)が2月の季語です。野焼の火です。放った火で全てを焼き尽くした信玄を思いました。風林火山は信玄の軍旗に記され「疾きこと風の如く、静かなること林の如し、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」を略したものです・・・甲斐には豊富な埋蔵量の金山があり、信玄の時代に日本最初の金貨「甲州金」が作られています。金は治水事業や外交にも使われました。信玄はヨーロッパの掘削技術や精錬法を積極的に取り入れたといいます。

習字は、「野火無辺」は強く、「風林火山」は堂々と、「あと一歩」はサラリと、というつもりで書きました。


f:id:tanyuu4792:20240223133736j:image